2007年05月20日

岐阜に0−1で負け試合。

ロッソ熊本ホームゲームにして点数差は「1」だったものの、内容を説明からすれば厳しいものとなりました。

まずは岐阜の印象を。
さすがは岐阜のDFライン(JFL最小失点チーム)。
安定感ありましたね。
中盤のパス回しやセカンドの対応、プレッシングからのボールの奪い方やそこからの攻める速さ。
ジョルジの動き(スピードの緩急)は得点へのハングリーさを物語っていました。
中盤の片桐を基点とし、バリエーションの多いサッカーを展開してました。

では、ここからはワタクシ個人の見解を。
1.確かにリーグ最小失点チームとは言え、得点を奪えない程のDFラインではない…そう思います。

2.ロッソ中盤での守備意識が甘い為、ボールポゼッションが上がらず苦しい時間帯が長かった。

3.選手交代に関しては、試合開始前にメンバーをみた瞬間に(???)だったので、もう触れません。

4.本来のチーム力は互角。では、なぜ0−1と差がついてしまったのか!?


順をおって説明したいと思いますが、まずはじめに前節の横河戦からチーム状態は低迷したまま。
「横河戦の出来でそのままいけば必ずやられる!」
と感じておりましたから、その結果のまんまですね。
運動量でしょうね、走り出しやスタミナ面で岐阜に劣っていました。
セットプレー(コーナーキックからの失点)では、ありましたがロッソの守備での足は全くといって動いていなかった。
同じように、ゴールネットを揺さぶられたシーンもありました(ファウルの判定に助けられましたが)守る意識が足りないのです。
2度も同じように、やられたらダメですね。

(1)の理由に、後半1つ光明がありました!
北川のGKとの1対1のシーン。残念ながら、足で阻まれてしまいましたが狙い所なんですよ。
決定力不足といえば、ソレで終わりなのですがココは付け入るスキなのです。
そういった面で選手起用を考えるなら、中盤からスルーパスを狙える山口の投入や相手DFの裏をとるのが上手い山内・町田のFWの投入が有効ですね。
このような攻撃の数をこなせば、岐阜DFラインとて乱れます。
よってバリエーション多いロッソサッカーが展開されるでしょう。

(2)中盤まずはセカンドですね。ロッソ…ひろえませんでした。
私から言わせれば、やはり足が止まっている為に拾えるはずもなく、せっかく拾えたにせよ余裕のあるプレーが出来ない為、パスミス等でうまくリズムを掴めない。悪循環ですね。
中盤でいかに余裕を持つか→余裕を持つ為には予測の動き→動いた分だけアフタープレーが楽になる。
この法則で中盤を支配すべきでしょう。

(3)はい、スルー…とはいけませんね。もはや練習でも見せない形を付け焼刃の如く試合で展開しても効果を期待する方がおかしい。チームの準備不足を露呈しています。

(4)内容からいって、完敗でしょう。点差以上のものを感じました。次節への課題ですか?累積選手欠場の穴埋めが第一。そして、今までのロッソサッカーでは上位対戦は厳しいと実感すべきでしょうね。天候による言い訳は通用しませんし、むしろ天候を見方に付けるのがホームでの利でもあります。
選手は気持ちを切り替え、来週に望みを持ってもらいたい。

最後に収穫は、斉藤選手の試合出場くらいでしょうか。

あ、今日の審判…免許没収いたしますw
判定にあまり意義は言いたくないのですが…ヒドすぎます。

でゎでゎ…。

マンダム…(ー。ー)ノシ
posted by gg at 23:38| 熊本 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。