2007年06月25日

前期過程を終えて…

昨日、笠岡で行われた前期最終節。
チームスタッフ・選手ならびに応援に行かれた方々お疲れ様でした。
本音を言えば、勝って気持ちよく後期日程に入りたかった。
しかしながら、現在チームは勝ち点37と2位。
結果からいうと、文句の無い出来ではないでしょうか。

しかしながら、試合内容を申しますと「進歩のない」「相手の土俵で相撲をとる」「選手の調子頼り」

まとめますと、ロッソというチームにゲームプランは無い。
という結論に至ります。
練習を見ている限り、「消化してるだけ」で選手のモチベーションもさながら、「ぶっつけ本番」のようなイメージはロッソがkyuリーグからのもの。
例にあげますと、前期好調の高橋君。
後期も前期同様15得点前後あげれば、彼の実力は本物でしょう。
私個人の見解から言いますと、難しいでしょうね。
前期以上の努力と工夫そして得点する意欲が無ければ、上のカテゴリーは目指せません。

ロッソの全選手に対する共通した言葉を贈りたいと思います。
プロサッカー選手とは、サッカー人口から申しますとホンのひとにぎり。
奇跡に近い確率で好きなサッカーを仕事とし生計を立ててる訳です。

しかしながら、ピッチに立てるのはリザーバーを含め18人。
ここでも競争があるわけです。
いろんな言い訳や理由で逃げ出したりしてませんか?
いわば、縁の下の力持ちはロッソに存在するのでしょうか?
今の所、見えません。

日本のプロサッカー選手における地位はロッソが一番下!
そう考えるのなら、試合に出てない選手また途中出場の選手に慢心はないはず。
好きなサッカーでメシを食いたい…稼ぎたいと思うのなら、もっと必死になろう。
寿命も決して長いものでは、ありません。
今しか出来ないことは、後には後悔しか残りませんし…。

現在試合に出ている選手はロッソの将来あるいは上のカテゴリーへの挑戦!!!
出ていない選手は、ポジションを奪い取るアピールと気持ちを練習から全面に押し出し好きなサッカーを続ける!

プロとして大事な精神ではないでしょうか。

この意思がうまく選手に伝わる事を祈り、より競争やロッソサッカーの発展に繋がる事を期待します。



最後に、負けてよい試合なんて1つもありません。
前期の借りは後期必ず返しましょう。
後期第1節…流通経済大戦。
プロとはなんたるものか、見せ付けてやりましょうね。



posted by gg at 12:23| 熊本 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。