2007年07月22日

ソニー仙台戦を終えて…

試合当日、午後より急遽仕事の都合により観戦出来ない危機に陥りましたが、なんとか会場に間に合い観戦することが出来たggです。

結果
1対1でしたね。

いろ〜んな意見出ることでしょうが、私は至って冷静です。
間違っても「運がなかった!」なんて事は言いませんよ。

前回ブログにも、書きましたがソニーの調子↑は、間違いなかったようですね。
そもそもソニーの公式HP見れば理解出来るかと思いますが、前節での反省や課題をしっかり見い出せてますし、JFLの中ではチーム戦術やビジョンをしっかり持った組織といえるでしょうね。

ま、来年対戦しない(予定)チームの称賛をしても価値がない為、試合の方を振り返って参りましょうか。

スターティングは…

     高橋  北川 
 関           熊谷
    小森田  吉井
有村           市村
     上村  矢野
       
       小林

SUB FW 小林陽
   MF 喜名 松岡 山口
DF 大瀧 森川
   GK 太

天候は曇り、夕方18:00〜のキックオフということもあり、サッカーをする条件としては申し分ない環境。
前半10〜15分、ロッソの動きは良かった。
先制点も早い段階で取れて大量得点の期待高まる中…点が取れない。
時折みせる中盤でのダイレクトプレーにはソニーのディフェンスもついて来れない。自力の差は明らかであった。
前半は1−0で終わる。徐々に動きが無くなってきた印象だ。
後半開始に追加点が欲しい…そう願った。

後半始まってからも、ロッソの惜しいシュートはあるもののゴールネットを揺さぶる事は出来ない。
ソニーも負けじと渾身のシュートはポスト直撃!!!
後半の20分には、すでにロッソの足は止まっていた。
特に目立っていたのが、熊谷・小森田・有村・上村…。
ロッソようやく選手交代 後半27=28分に熊谷out→松岡in
その5分後には、小森田out→山口in
ここ数試合これらの選手交代は池谷工場の流れ作業だ。
そして、奇特な交代劇が…後半44分 北川out→喜名in
中盤の層を厚くすれば、失点を防げるかのような監督特有の癖。
小さい子供が、ツメを噛むようなもの。

最悪ロスタイムでの失点…

試合を観戦していて、私は周りにはこう漏らしていた。
3枚目もしくは2枚目の選手交代カードは 上村out→大瀧inでは、なかったのだろうか?
現に失点のルーツを辿ると、ロッソ左サイドからのスローインにソニー中盤苦し紛れのロッソDF裏へのパス。
上村対応出来ずに失点。
中盤の対応をあえて指摘するならば、スローイン時点での結果的にアシストに繋がった選手を捕まえきれなかった所にあるのだが…どちらかというと、足が止まり相手FWに裏を取らせてしまったDFに責務は重くのしかかる。

観客5500人に、どう見えたかは定かではないが時間稼ぎとも取れる選手の采配ミスによって、どれだけ失点や失敗を繰り返すのだろうか。

総評すると、ソニー戦でのロッソのサッカー自体はココ数試合比べると悪いものではなかった。
しかし、追加点が取れない…策がない為、終了のホイッスルを待つサッカーにどれだけ観客の感動を呼べるのだろうか。
ある意味、現在のロッソサッカーに限界が見えたのかも知れない。

次節よりアローズ…栃木と強豪が待ち構えている。
不安を拭ってくれるのはいつになるのだろうか。




マイブーム、ニンニクガイイゾ!!!
posted by gg at 17:50| 熊本 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。