2007年04月24日

本日のロッソ練習オフ。

という事で、これまでのホームゲームを振り返って、いや…辞めておこう。(後悔しそうですし。)

では、現在ロッソで多様化されているアーリークロスについて…

このアーリークロス(両サイドの選手がパスを受け、早い段階にてセンタリングを行う)実は、なかなか難しいんですゎ。

おおまかに言うと、キッカーの精度が第一!
そのボールを待ち受ける選手の運動量!

細かく言うと、めんどくさい!!!(違っ)

・キッカーのタイミング。
・中央の選手がいかにスペースに潜りこめるか!
・声だしや意思の疎通。
・時には2列目からの飛び出し!
・受け手の走る緩急
・相手DFのクリアボールに対する2枚目および3枚目の対応と推測

まだまだ沢山あるけど、勘弁して。(苦笑)
攻撃のひとつの手法および手段でして、重労働なんですわ…中の人間は。。。(怒)
あ、このプレーのみに関しての話ですよ(^^;)
では、この攻撃によるメリットとデメリットを少し(少しですよw)

メリット
・シャンプーではない
・リンスでもない

失礼w

メリット
・枚数をかけずに得点できる

デメリット
・攻撃のリズムが一辺倒なってしまう
・クリアからのカウンターを受ける

簡単では、ございますがザっとこんなものです。

ロッソというチームに当てはめて想定してみますと、現在の全体の運動量から言って多様は禁物ですね。
特に動きの悪い試合にアーリークロスをクリアされセカンドボールを拾えず…といった展開が目立ちます。
ま、クロスの精度となると別問題となりますが。

サイドの選手にも、相手との駆け引き材料になるので、考慮しつつ使い分けるセンスが必要でしょう。

今回は、アーリークロスについて語りました。
あ、そうそうご意見待ってます。

でゎ…アディオス(^o^)ノシ
posted by gg at 16:15| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしや初コメゲッツ?
ε=\_○ノイヤッホーゥ!

楽しく読ませて頂きました。

なるほど・・・
デメリット、そのまま当てはまってますね、、、
とりあえず放り込め、見えてしまってます・・

最近良く目にする、クロス精度の悪さとセカンドボールを拾えない現象。だけど常にサイドに開く攻撃。
コレって致命傷ぽいんですが・・・汗

また色々お願いします(・ω・)ノ
Posted by 高菜 at 2007年04月24日 17:39
>高菜さん
初のコメントありがとうございます。(^o^)/

様々な団体スポーツに共通点があるかと思いますが、例としてサッカーの攻撃の手法のひとつをあげてみてもボールが無い所での連動性、あらゆる推測と判断を的確にしなければ、より大きなリスクを伴ってしまう。
アーリークロスも、一見単純な攻撃に見えますがセカンドボールへの対応により厚みのある攻撃サッカーが出来る強力な武器なんです。(波状攻撃)
しかし、その意思統一がなされてなければ、ただのポンポンサッカーなんですね。

高菜さん、どんどん意見お待ちしてます。
今回は、このあたりで。。。



Posted by gg at 2007年04月25日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。