2007年06月18日

ロッソ熊本対TDK戦を終えて…

昨日の試合観戦また応援された方々お疲れ様でした。

梅雨時期でもあり、熊本独特の蒸し暑さ…選手もサポーターも体力消耗したことかと思います。

体調管理には、十分気を付けましょう。

さて、試合は3−0と結果快勝でしたね。
反省点をふまえた上で振り返っていきましょう。

前半のスターティング。

     高橋  小林

  西森        山本

    小森田  吉井

有村            市村
     上村  矢野

       小林

SUB GK 太
    DF 佐藤
    MF 山口 斉藤 関 山内
    FW 北川

のオーダー。
序盤TDKがなかなかペースをつかめない中、ロッソが再三TDKゴールを脅かすも枠をとらえられないロッソ。
TDKも長身FWを軸にポストプレーで反撃を試みるも、Honda程の組織力は無く、中盤でもイージーミスが多い。
また、ポストプレーによる攻撃にはディフェンスの意識(上村・矢野)はしっかり出来ていた為でもある。
またTDKの中盤でのパスミス等も吉井の運動量豊富なアタックや小森田のパスカットまたサイドへのロングフィードでロッソのペースを維持していたことは事実。

試合が動いたのは前半30分。
ペースを握っていた時間帯だっただけに、欲しかった先制点。
ファウルをもらったプレーも市村のオーバーラップからのプレー。
まさしくグッドリズム!
西森FKからの上村ダイビングヘッドが炸裂!!
さらに勢いの止まらないロッソは、前半33分にも初スタメン山本のクロスに高橋が反応、スライディングボレーはTDKのGKの脇下を抜け追加点!!!
前半は2−0でロッソ。

しかし、サッカーは2−0というスコアが嫌なスポーツ。
「3」点目をどちらが取るかによって、流れが大きく変わる。
これは、技術の問題ではない。
むしろ精神論に近いだろうか。
ハーフタイムでの、作戦の打ち合わせや意思統一また采配も含めた指示は重要だったのではないかと振り返る。

ロッソ後半の選手交代はない。
後半開始後のペースはTDK。
点を取りに行く積極的姿勢は、ロッソディフェンダー陣もなんとか踏ん張る。
「これが上位チームなら…」と考えるなら、冷や汗もの。
後半20分にロッソやっと動く。
FW小林を下げMF山口の投入。
この交代により

      高橋

  西森      山本
      山口

   小森田  吉井

有村          市村
    上村  矢野

      小林

中盤ボックス型からダイヤモンド型にシステムを変え、高橋のワントップ。
3ボランチもしくは、3人のボランチが流動的にポジションチェンジし、2枚目3枚目の攻撃の層を厚くするシステムだ。
FWの一角を減らした分、前目の中盤がTDKディフェンダー陣のロングボールの出しどころのチェックし、芽を摘むのが山口の仕事。
また、攻撃にも積極的に参加し得点への意識またサイドへのパス(つまりは嫌なリズムを取り払う事と攻撃の起点)。
リズムを変える意味での山口の投入は功を奏した。

後半30分に待望の追加点!
決めたのは山口だが、左サイドでの高橋・西森の突破と精度の良いセンターリング…西森はロッソ左サイドに欠かせない人物となった!
そして、怪我から復帰の関…久々の試合出場おめでとう!

試合はそのままタイムアップ!

後半の立ち上がりに反省点はあるものの、失点を0の押さえての3得点は及第点だったのではないだろうか。
選手の采配についても、小林→山口…賛否両論あろうが、選手の調子を考えると、Honda戦3得点はしたもののボールのおさまり具合を見るや小林は本調子ではない。
またボランチの一角である小森田の運動量の少なさが心配だ。
また怪我から復帰の関も斉藤・山本とライバルが多い中、安心は出来ない。

次節、三菱水島戦。
ストライカーの松岡の存在は不気味だが、チーム力を考えればロッソが当然上である。
前期の最終戦も気を引き締めて戦って欲しい!

また、5000人を超える観客の応援や激励は選手にとってこれ以上ない後押し!我々ももっともっと、来て貰えるよう努力をする事も忘れてはならない。

また、選手も日々の練習また今の自分に満足する事なく一戦一戦を戦っていって欲しい。
          
posted by gg at 12:50| 熊本 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合を断片的にしか見ていませんが、
気になった点が一つ
いまだに相手選手がドリブルで攻め込んで
来たときにディフェンスラインが
ずるずると後退してしまうことがあります。

バランスを考えるあまりボールを持った選手への
ケアが疎かになっていると思います。

チームとしての決まり事がない
ロッソにおいては必然ですが...

何とかなりませんかねー(>_<)ゞ
Posted by ネコ at 2007年06月18日 19:10
ネコさん>
コメントありがとうございます。
そういったピンチよくありますね。。。
良くない傾向です。

ずるずる下がってしまえば、それだけ自軍ゴールへ「いらっしゃい」と言っているようなもの。

まずいディフェンスのひとつです。

こういったピンチを招いた時には、「バランス」なるものは頭には無いでしょうね。
「ただ下がる」という本能と裏を取られたくないという意識が多くの原因を生み出しているのではないかと推測しています。
これは練習からも連携を深めていきたい所なんですが、試合ではあらゆる応用をきかさなくては意味が無い為、意識とケアを主とする練習が効果的ですね。
あいにくロッソDFは固定されている為、練習は出来やすい環境にあるのですが…。

カウンター対策は未だなされていないのが現状ではないでしょうか。

何とか…したいですよね。

ちなみに一昨日の山口投入後のフォーメーションを書きますと。

     高橋
西森 山口 小森田 山本
     吉井
有村 上村  矢野 市村
     小林

このような指示が出ていたらしいです。
てっきり山口の1シャドーかと…。。。
当然このようなフォーメーションは練習で見たことありません。
2シャドーの一角、小森田…スタミナが気になります。
Posted by gg at 2007年06月19日 10:01
レポお疲れです(・ω・)ノ

キックを任されているっていうのもありますが、西森は存在感ありますね!
個人的には吉井ラブですw

あらーw
そんな難しいフォメ指示だったんだ・・・汗

ずるずる・・例のボランチ⇔DF間ですね。
横河戦ではその位置から2失点しているだけに、後期そこ有効に突かれだしたらイヤだなと思う次第です。
Posted by 高菜 at 2007年06月20日 17:53
高菜さん>
西森の要所での活躍は「なんか、もってるなー」的印象を受けますね!
吉井も好調維持してます。

今週は2度ほど練習見に行きましたが、次節の三菱水島戦も中盤でのゲームコントロールとセカンドボールへの対応が鍵となるでしょう。

三菱水島もココのとこ調子を上げてますし、決して油断の出来ない相手です。

天候でドチラのチームに味方するかも重要ですね。

後期の課題は、前期を終えて新たに書くことにします。
Posted by gg at 2007年06月22日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45189898

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。