2007年07月22日

ソニー仙台戦を終えて…

試合当日、午後より急遽仕事の都合により観戦出来ない危機に陥りましたが、なんとか会場に間に合い観戦することが出来たggです。

結果
1対1でしたね。

いろ〜んな意見出ることでしょうが、私は至って冷静です。
間違っても「運がなかった!」なんて事は言いませんよ。

前回ブログにも、書きましたがソニーの調子↑は、間違いなかったようですね。
そもそもソニーの公式HP見れば理解出来るかと思いますが、前節での反省や課題をしっかり見い出せてますし、JFLの中ではチーム戦術やビジョンをしっかり持った組織といえるでしょうね。

ま、来年対戦しない(予定)チームの称賛をしても価値がない為、試合の方を振り返って参りましょうか。

スターティングは…

     高橋  北川 
 関           熊谷
    小森田  吉井
有村           市村
     上村  矢野
       
       小林

SUB FW 小林陽
   MF 喜名 松岡 山口
DF 大瀧 森川
   GK 太

天候は曇り、夕方18:00〜のキックオフということもあり、サッカーをする条件としては申し分ない環境。
前半10〜15分、ロッソの動きは良かった。
先制点も早い段階で取れて大量得点の期待高まる中…点が取れない。
時折みせる中盤でのダイレクトプレーにはソニーのディフェンスもついて来れない。自力の差は明らかであった。
前半は1−0で終わる。徐々に動きが無くなってきた印象だ。
後半開始に追加点が欲しい…そう願った。

後半始まってからも、ロッソの惜しいシュートはあるもののゴールネットを揺さぶる事は出来ない。
ソニーも負けじと渾身のシュートはポスト直撃!!!
後半の20分には、すでにロッソの足は止まっていた。
特に目立っていたのが、熊谷・小森田・有村・上村…。
ロッソようやく選手交代 後半27=28分に熊谷out→松岡in
その5分後には、小森田out→山口in
ここ数試合これらの選手交代は池谷工場の流れ作業だ。
そして、奇特な交代劇が…後半44分 北川out→喜名in
中盤の層を厚くすれば、失点を防げるかのような監督特有の癖。
小さい子供が、ツメを噛むようなもの。

最悪ロスタイムでの失点…

試合を観戦していて、私は周りにはこう漏らしていた。
3枚目もしくは2枚目の選手交代カードは 上村out→大瀧inでは、なかったのだろうか?
現に失点のルーツを辿ると、ロッソ左サイドからのスローインにソニー中盤苦し紛れのロッソDF裏へのパス。
上村対応出来ずに失点。
中盤の対応をあえて指摘するならば、スローイン時点での結果的にアシストに繋がった選手を捕まえきれなかった所にあるのだが…どちらかというと、足が止まり相手FWに裏を取らせてしまったDFに責務は重くのしかかる。

観客5500人に、どう見えたかは定かではないが時間稼ぎとも取れる選手の采配ミスによって、どれだけ失点や失敗を繰り返すのだろうか。

総評すると、ソニー戦でのロッソのサッカー自体はココ数試合比べると悪いものではなかった。
しかし、追加点が取れない…策がない為、終了のホイッスルを待つサッカーにどれだけ観客の感動を呼べるのだろうか。
ある意味、現在のロッソサッカーに限界が見えたのかも知れない。

次節よりアローズ…栃木と強豪が待ち構えている。
不安を拭ってくれるのはいつになるのだろうか。




マイブーム、ニンニクガイイゾ!!!
posted by gg at 17:50| 熊本 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
開始しばらくは、ワンタッチの意識が高くてすごく良かったと思ったのですが・・・そのあとはいつものロッソでしたね。

しかし、学習できないんだろうか?
うちのバ○息子ですら、もちっと学習するばい。
Posted by サカおやぢ at 2007年07月22日 21:44
サカおやぢさん>
コメントありがとうございました。
今回の「前半立ち上がり」については及第点「さすがロッソ!」といった印象でした。
前半15分程度でしたが…

学習となれば、話しがすんごい幅広くなりますけど集約して冷静に考えてみると、いわば「限界」が近いのかも知れませんね。
誤解のないように説明しますが、これは今期のロッソ組織力の限界であって個人のレベルではない。
ただ、個人のレベルアップからチームを軌道に乗せるという事は余程の一貫性が無い限り難しいものです。
選手の「調子頼り」となると、怪我や突発的なアクシデントに非常に脆い習性があります。

ロッソ設立から「リスク管理」の甘さに不満があります。
結果、成績が伸び悩む…また言い訳のような事態に発展しますよね。
進歩が無いという事は、それだけとらわれ過ぎている証。
「固定観念」からは新たなるステップへのチャレンジは望めません。
いわば、ココまで…といった冷静な見解でロッソを見つめています。

Posted by gg at 2007年07月23日 10:01
ほんと、開始15分はよかったですね。
横の高菜とかと、「今日はどうしたんだ?」って話してたくらいです。

20分あたりから、いつもの感じになってしまいましたが、、

確かに、内容的にはいつもより良かったと思います。
が、いつもが「たまたま」勝ちを拾えていただけで、いつもより良い内容=「引き分け」が妥当だと感じてしまいます。

もう、向上は期待してないwですが、なんとか「たまたま」が続くよう願うばかりです。
Posted by あかつき at 2007年07月23日 12:30
あかつきさん>
コメントありがとうございます。

試合の中に「流れ」もありますが、ソニー戦はあからさまに区切りがハッキリとしていました。
前半10分位に追加点を奪えると、また違った試合展開になっていました。

私の視点から言うならば、前半20分には「スタミナ切れによる運動量の低下」がひとつ考えられます。
日頃、その程度の練習しかしていない現われかと…。

季節によって多少サッカーの戦術も変えると面白いんですが、やはり夏場は「技術<体力」ですね。

>確かに、内容的にはいつもより良かったと思います。
が、いつもが「たまたま」勝ちを拾えていただけで、いつもより良い内容=「引き分け」が妥当だと感じてしまいます。

仰る通りです。
今期は「絶対J2へ」と目標が明確なだけにそれなりの準備をしなければ、向上どころか昨年と同じ道を歩む事になりかねませんし、間近で応援していて…わだかまり…なるものは消えません。

「完璧」を望んでいる訳でもないのに、なぜこのような感情が沸いてくるのでしょうか。

期待し過ぎなのかな。。。
Posted by gg at 2007年07月23日 15:39
本当に立ち上がりの15-20分までで
それ以降に足が止まりましたね.

今までの試合と練習の内容をみれば
こうなることは当然だと思います.

だから,立ち上がりのリズムがいい
時間帯に,何点とれるかが鍵だと思って
応援しておりましたが,1点に留まり
嫌な予感がしておりました.

それでも,今までは何とか勝ってきたのですが.
これから,更に暑くなるので
今回のソニー戦の試合展開が繰り返されることが
大いに懸念されます.

ggさんの今までのコメント,そして
私も繰り返しコメントしていますが,
お金を払って試合を見に来てもらっている
プロのサッカー選手が
サッカーというかスポーツの基本である
走るという行為を1試合全うする
体力を持ち合わせていないことが
どれだけ,恥ずかしいことか
いい加減に自覚するべきです.

厳しくいいますと新聞のコメントで
運がなかったなどと言っているようでは
プロとして失格かと...

また,このようなプロフェッショナル
と呼べない選手たちを起用することによって
控え選手たちに対して,どのような影響が
でるか監督,コーチは考えているのか
甚だ疑問であります.

それ以上に,去年から何ら改善されていない
チームの状況.これについての対策もゼロ.
この先,去年同様の失速を招く可能性が
限りなく高いかと...

次のアローズ戦は大事な一戦になると思います.
ここで勝てないならば,去年よりも早い
段階での失速になってしますので.

相変わらずの長文,失礼しました.
Posted by ネコ at 2007年07月23日 16:48
gg氏》
熊谷は試合終了後のブーイングに疑問ば持っとった様ばってん、gg氏はどぎゃん思いなっですか?
(-。-)y-゚゚゚

足ん止まっとった上に、ホームの試合で引き分けとって、どぎゃんつもりなんやろか?
(´〜`;)


おるには理解出来んばい…。
(−_−メ)
Posted by ツッタカ坊や at 2007年07月23日 17:34
ネコさん>
コメントありがとです。

試合内容としましては、書いての通り(今回あまり触れてませんがw)そして仰る通りですね。

全ての選手がプロという肩書きを持ちながら、前半20分程度…時間で言うなら小学生ですら前後半合わせて40分ですよね。情けない…の一言です。

「失速」についても、あちこちで議論されており昨年の戦績は「失速」でない。
と思い込んでいる方々もいらっしゃるようで、この機会に話しをしましょうか。

私は昨年の戦績については明らかに後期「失速」した為に5位という成績だったと認識しております。
勝敗で言うと、確かに10勝あげており前期同様の良好な成績かと勘違いしやすい数字であり、これを上回った他チームの力が「異常」だとか「不自然」とは全く思いません。
昨年のロッソ(特に後期)サッカーは、ある試合をきっかけにリズムを失いました。
その後、勝ち点を思うように伸ばせないまま結果5位。
他チーム云々なんて発言は私から言わせれば「客観論」にすぎませんし、言い訳にもなりません。

そして今期、昨年同様の内容では納得出来ない悔しさは監督・選手・そして多くのサポーターに刻まれているはず。

にもかかわらず選手は変われど、何ら危機感の無い日々の練習…。
勝てるはずも、ありません。

要は90分のサッカーというスポーツをしてくれ!と切に願うばかり。

後半…ワンプレーだけ関に必死な姿見えましたよね?
あの気持ちが大事なんですよ。

ネコさんのように、ロッソに対しての苦言は決して厳しいものでは、ございません。
Jでプレーしている選手達は、十分教育されてますし(チームにより異なる)、試合に出れなければ我が身が苦しくなります。
しかし、ロッソのように固定化とも取れる選手選考にSUB組の相乗効果は得られません。
こういった自分のチームの首を絞める行為に疑問を生じて3年目となりました。

次節アローズ戦…重要な戦いになる事間違いナイですね。

Posted by gg at 2007年07月23日 18:40
ツッタカ坊やさん>

コメントありがとうございます。

試合終了後の選手がサポーターに挨拶した後の行為ですね。
彼はサポーターのブーイングに対して「why」的なリアクションのようでしたが…。

90分間一緒に戦った仲間に対し、あのような行為はいけません。

が、ひとつ冷静にとらえなければいけない事があるかと思います。
昨日の試合で満足している選手が1人はいる…これは明確になりました。
しかも、チームキャプテン。

ブログにも書きましたが…いわば、あれがロッソサッカーの限界という表現ですね。
元来サポーターが満足するサッカーをロッソがやっていれば、ブーイングも起こらないはず。
ココ最近の試合では、シュート数も多く割と良いサッカーが出来た。
しかし、最下位に1点差でやっと勝ち15位に引き分け…。
なんだか筋が通ってきます。

相当ネガティブになって参りましたが…(汗

要は危機感のないチームスタッフや選手に一番の原因があると認識しております。

私的な発言…無礼な点があれば、お詫び致します。
Posted by gg at 2007年07月23日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。