2007年07月28日

遅くなりましたが、日本対サウジ戦をロッソに重ねて…

最近、朝起きがやや苦手なggです。

本日富山にて、ロッソ対アローズ戦が行われますが後期の山場となる戦いです。
3〜6位までのチームは直接対決にて勝ち点差を広げるのが妥当ですね。
しかし、ここ最近のロッソ…調子はいまひとつ。
というより練習しなければ、試合に練習以上の結果は残せない!
調子云々よりも、チームのレベルの低下による接戦…こういう表現が正しいのではないかと思います。

今回の内容としましてポゼッションサッカー…つまりはボール支持・支配率の高いサッカー。
これは現日本代表はもとより世界各国でも多く見られる戦術サッカーのひとつ。

今回のアジアカップ準決勝日本対サウジアラビアでも実証されたかのように、日本は6割に近いボールキープ率で試合を運びました。
結果は、2−3で敗れてしまいましたね。
全てがポゼッションサッカーによるスタイルが原因で敗戦に繋がった訳ではありませんが、ではなぜスコアで負け連覇を逃してしまったか検証してみましょうか。
また、ロッソもポゼッションサッカーとまではいきませんが、中盤でのキープ率はJFLクラスでは高い位置にあるかと印象にあります。
重ね合わせて考えてみるのも、面白いかと思いますよ。

さて日本は前半素晴らしい立ち上がりを見せます。
サウジエンド内にて、うまくボールをコントロールしペナルティーエリア付近まで幾度となく攻め入ります。
しかしながら、フィニッシュをシュートにて終わる事が出来ません。
サイドチェンジやくさびを通すパス回しでサウジDFをかき混ぜますが、得点に結びつけるシュートまで持っていけない。

するとサウジは数少ないチャンスを活かし、左サイドからのFKを頭で折り返しダイレクトボレーにて失点。
日本の真ん中のDFが一瞬ボールウォッチャー(ボールを目で追ってしまい相手の選手をマークしそびれてしまう)になってしまいました。
この失点は、中沢にとって屈辱だったのでしょう。
キックオフ後の2プレー目のCK…ボンバーヘッド炸裂!!!
前半は同点で折り返しますが…後半またもや勝ち越しゴールを奪われます。確か日本エンド右サイドのペナルティーエリア付近にてサウジにボールをキープ。日本の選手は2いや3人で囲んだにも関らず右サイドにボールを出されセンターリング。
この時点で勝負ありでした。
いわばボールの奪いどころで奪えなかった事が、後のプレーでは脆くなってしまう。奪いどころを理解し3人でディフェンスしにいった意識までは良かったのですが、結果ボールを奪えなかった点に失点の要素がうかがえます。

日本も意地で同点に追いつきますが、サウジのカウンターと個人技は日本の誇るDF中沢・阿部をキリキリ舞いさせ失点。
終盤日本も、羽生・佐藤・矢野とカードを切りミドルシュートやFWのシュートで再三サウジゴールを脅かすもののゴールネットを揺らすまでには至らず…終了。
残念な結果だったのですが、今夜の3位決定戦…韓国には勝ってもらいたいものです。

おわり。





ではございません。
ここからが重要ですね。
さてロッソのサッカースタイルと照らし合わせてみましょうか。
代表クラスでサッカーレベルも違うし…参考にならないという意見もあるかと思いますが、試合展開を見て良し悪しの判断は出来ましたよね?また、サウジ陣営にてのパス回し中にバックパスというリスクを負わないサッカーも目の当たりで確認出来ました。
レベルは違えど、今自分がやっているカテゴリーにおけるサッカーは相手がサウジ代表とかではなく、あくまで同レベル程度の相手。
これはサポだけではなく選手達自身もイメージトレーニングや実戦でのトレに大きく役立ちます。
会場内全てのサポーターの皆さんにもサッカーというスポーツをもっともっと好きになって頂くとロッソの選手と共に戦う共感がより近いものとなりますし、ブーイングなるものも選手は真摯に受け止めるのではないでしょうか。
 話しが、かなりそれてしまいましたが…要はキープ率のみではサッカーという勝負は出来ない!という結論です。
「結果論だろ!」という意見は正直勘弁願います。
結果が全てだからです。
今回の日本代表は予選から苦しい戦いをしいられてきました。
当然のように、オシム監督にも責任追及の声もあがりましたね。
ロッソも同等、昨シーズンJ2昇格に失敗し今シーズンはJ2昇格は当然のこと練習から試合内容はたまた試合結果までをも追求しなければいけません。
ロッソに興味があり応援してくださる方々にも、素人玄人関係なく1試合1試合表現していく意味があるのではないでしょうか?
日本の敗戦におけるアジアカップは私にとって学ぶ事が多い良い(悪い結果だったけど…)経験となりました。
今後ロッソのサッカーを応援するにあたって活かしていきたいと思います。

なお、今回のブログ内容に関しまして様々な意見をお待ちしております。
posted by gg at 10:54| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
gg氏》
次節の栃木戦は、有る意味のヤマですな。
(-"-+)y-゚゚゚



目に余る、3年連続の夏場ん失速。

何時まっでん出し続ける、不変のスタメン。

修正を期待出来ん、不変の練習内容。

全く責任感を感じん、他人事んごたコメント。

何時まっでん組織サッカーの確立されん、ロッソの個頼みサッカー。



もはや怒りの臨界点ば、突破し捲くっとりますばい!
(−_−メ)
Posted by ツッタカ坊や at 2007年07月30日 11:48
ツッタカ坊やさん>
コメントありがとうございます。

アローズ敗戦は正直予想外でした。
今週の栃木戦は仰る通り山場ですね。
現在のロッソDFの状態を見ている限りでは、先制・追加点そして、もう一点と欲しいですね。

昨日のTMは結果のみを知ったのですが、チーム状態はより深刻さを露呈しております。

3年も同じ事を繰り返すチームであれば、反省や課題を克服出来ない指揮官と感じます。
監督の責任は重大ですよ。

栃木戦最低でも勝ち点1は絶対でしょう。
むしろホームですし、勝って再び闘志を燃やしてもらいたいものです。
暑さをもろともしないガムシャラなプレーが見たい…切に願います。


Posted by gg at 2007年07月30日 14:32
定時より5〜10分早く始まる練習。(しかし終わるのは確実に30分早い。)内容はあまり変化無し。
時々聞こえる監督の指示は「ワンタッチで…」「シュートで終わろう…」
ゲームでサイドを駈け上がるであろう有村、市村は守備の練習のみ…連動性とか生まれるわけがありません。
紅白戦も以前は面白かったんですが最近は怪我を恐れてかレギュラー組が相手に寄せに行かないし手を抜いてるようにも見えます。

栃木。。。本当に恐いです。
Posted by shimo at 2007年07月30日 20:23
shimoさん>
コメントありがとうございます。
熱心に練習を見に行かれているshimoさんのご意見は真実味かつ説得力が多大にあり、また自分自身も勉強になります。

今週からチーム全体に練習の意気込みなるものも変わってきたのではないでしょうか…と言いたいのですが。
まだチームに危機感なるものが伺えない。
練習時間に関しては、内容によるものと私は考えます。
しかしshimoさんの意見を伺うと一番勝負しなければならない玉際での激しい戦い。
これは明らかに試合に出ます。
結果「勝負しない事からセーフティーにバックパス」→「ボールはキープすれど相手からすれば怖いものではナイ」→「パスミスや相手プレスからのインターセプト」→「相手カウンター」となる訳です。
これは一例ですので全てではありませんが、このような光景はよく目の当たりにするかと思います。
私個人の考えは練習から玉際に対して厳しく、かつ練習での怪我は故意でなければ仕方ないと思いますよ。怪我すれば、それまでの選手であると位置づけますね。
サッカーとは格闘技にも近いスポーツです。
ハッキリ言って「甘い」かと思います。

相手チームも、もちろん怖いのですが…最下位にかろうじて勝ち15位に引き分け、そして6位のチームには負ける…これはドコのチームが来ようとも怖い。
そう思います。
Posted by gg at 2007年08月01日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49445196

この記事へのトラックバック

サッカーのレス
Excerpt: フットサルビデオ 〜ECB/Sao Bernardo × ULBRA(バネスパ×ウーブラ)〜Semi-Finalは、トビアスらを擁する「バネスパ」と 過去2回の優勝を誇る「ウーブラ」のFinal進出を..
Weblog: スポーツをいっぱい集めました
Tracked: 2007-07-28 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。