2007年09月10日

YKKap戦を終えて…

更新の頻度が著しく低下しておりますが、待ちに待ったホームゲーム観戦(←?)さっそく感想をいきまっせ〜〜〜♪

結果1−2でYKKの勝ち!<おわり>



まずは失点シーン。
簡単に分かりやすくまとめると、2失点ともロッソDFの裏を取られた失点と申しましょうか。
詳細に申しますと、1失点目は一瞬のスキを見逃さなかった長谷川らしい裏への飛び込み!
後半ロスタイムでの2失点目は、完全にロッソDFのスペースに走りこまれ成す術なくの失点。
カウンターによる2失点と位置付けても、おかしくはないでしょうね。
そもそも、今期怪我から復帰のリーグ初先発の福王。
もっと調整が必要ですね…私の目から見た限りでは6〜7割ほどの出来だったし、矢野との連携も不足してました。
彼の3バックでの真ん中…という位置付けが効果的と思ってはいるのですが…天皇杯での試合経験をもっと積ませ、要所でのロングフィードや、1対1でのディフェンスの強さを取り戻して欲しいです。

また相手が3−6−1のフォーメーションにも係らず、中盤での対応や選手の采配には多々疑問が残ります。

いわばスタメンやサブのメンバーに大前提「疑問」なんですけどね。
すでにお分かりかと思いますが、スタメン及びサブのメンバーは…

スタメン
FW 高橋 小林陽
MF 斉藤 西森 喜名 吉井
DF 市村 矢野 福王 森川
GK 小林

サブ
FW 北川 町田
MF 熊谷 関 小森田
DF 河端
GK 太

この試合2枚の交代カードを使いましたね。
後半から
小林陽out→北川in
前へのスピード攻撃を捨ててまでの采配が必要なのか!?
結果、ゴール前では相手にとって「脅威」なるものが消えました。

斉藤out→関in
関…右ですか。
練習でも見た事ないのですが(?)
そもそも切り返しや1対1での勝負心には目を見張るものがありますが…今のロッソの攻撃スタイルにマッチしていない為、結果相手に怖さを与えていないのが現状。関が試合中に浮いている印象があります。もし起用するのであれば左でしょうね。しかし現在の左サイドといえば…。
もし関をチームに馴染ませようと思うなら左サイドへのコンバートを提案します。これは「なぜ???」との声が非常に多く聞こえてきそうな感じは受けますが、関選手自身、完全せねばという意思があるのならロッソの戦いを視点を変えて後ろから体験するという経験は大変貴重であり、成長の一歩と繋がります。

個人的な指摘が長くなってしまいました。
さて本筋まいりますが、上記「疑問」を投げかけております。
さてドコいらでしょうか。



私はサブの面々に問題を感じます。
フィールドプレイヤー6人いますが、途中出場してからの効果的な選手といったら…町田くらいでしょうか。
河端もあげたいんですが…長期離脱からの「トップチームで結果を残せ」言うのも、酷ですよ。第一、メンバーに入ってる事自体が七不思議のうちの九つ目くらいです。
松岡・大瀧は必要ですよ。
さらに後半は両チームともにスタミナ切れ(特にロッソ)をつく・つかれる攻撃もしくは守りにおいて、イエローカード覚悟で止めざるを得ないプレーは必ずあります。
当然そんなプレーは相手に対し追い込みを利かせられるタイプの選手でないと効果は得られませんが…。
中盤でいうと、松岡・山口・吉井・斉藤あたりでしょうか。

サブには誰もいません。

試合プランにおける選手の選考基準が曖昧ですね。
きっと福王・河端の怪我からの復帰リサイタル…だったんでしょう。
結果、様々な悪循環を生み出しています。

さて、ずいぶん辛口となってしまいましたが…さらに行くと(行くんかいw)
試合内容6:4でYKKがボールキープ率を制し「どっちのホームなんだ?」と思わせる展開。いやぁ〜中盤にこだわりあるYKKのパス回しには見とれました。
中盤から前戦へ…早くて上手かったな〜。
一方のロッソは後手に回り、中盤のヘルプは時間が経つにつれ低下…。
せっかくロッソが前戦に展開しても前が高橋・北川では…orz

次節まで時間がありますが、首位佐川との対戦。
前期は、なんとか引き分けましたが…これだけの不安をチームにかかえてどうなるものやら。
まだ8戦あります。

勝ちにこだわるのなら監督・選手やる事は明確なはず!
おのおのが自分に与えられた仕事をやり遂げてこそ結果がついてくるものだと確信しております。
切り替えは大事だが、反省すべきは反省しないと成長はのぞめない。

最後に、新聞コメントより…2失点目の悔しさを記事掲載されてましたね。我の練習不足をアピールしてるとの理解で宜しいのですか?
posted by gg at 11:58| 熊本 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関の右サイドは
試合前の練習ではやってませんでした。
(ナイター練習は見てないので確定ではないかも?)
見学した七城ではやってませんでした。

ニュースのはしごして
改めて修正点多すぎるんじゃない!?
と、思いました…。
Posted by shimo at 2007年09月10日 21:23
shimoさん>
コメントありがとうございます。

関の右サイドは練習でもやっていませんし、ぶっつけ本番なんですね。(←これは確認しております)
このような選手采配は、稀ではなく度々行われております。
選手が動揺するのも無理はないでしょう。

shimoさんが言われる通り「修正点多すぎる」これは既に抜本的な改革クラスが必要でしょう。

練習も消化すればok的な内容ならば、必然的にこんな傾向が試合でも出ます。
チームにしましても見えてこないロッソの戦術(攻撃のhow to・守備のhow to)結局は個の力に頼らざるを得ない現実。
個の力では、団体スポーツにおける限界が見えている証ですね。

個の力とは安定性を持ち得ません。
よって試合の予想は難しく不足している所は明確に出ます。
ちなみに他のチームなのですが、次節対戦する佐川は安定してまいりました。
非常に不安な管理人なのですが…。

自分が応援するチームですし、もっと危機感を持つ方々が増える事を願わんばかりです。
Posted by gg at 2007年09月11日 11:45
gg氏》
3年連続で同じ時期に同じごたヘタレ具合て、こんチームはどぎゃんなっとうとかいな!?
(ノ><)ノ



て言うてん、悪の根源が変わらんこつには、どぎゃんも成らんどね…。
(;´・`)≡3
Posted by ツッタカ坊や at 2007年09月11日 16:02
もう、本当に毎度毎度、
メンバーを見ると
「な、なんじゃこりゃー」と叫びたくなるのを
何度抑えていることか...

今回のサブは特にそうでした。
熊谷、小森田と
ボランチが本職の選手が2人も入っており
何かまた奇策が飛び出すのかと
妄想が...(・_・)

相手は3バック。
もっとサイドのスペースへ出ることのできる
スピードのある早い選手の起用が妥当かと考えます。
ロッソで言えば、町田、山内、河野、小林陽介くらいしか
いないですかね(>_<)

こう考えても、チームのバランスの悪さが顕著かと。
なんせ、今年のロッソはボランチ、
センターバック王国ですから(-。-;)
Posted by ネコ at 2007年09月11日 17:14
ツッタカ坊やさん>
コメントありがとうございます。

確かに「毎年変わらない…」とご指摘ありましたが、私は衰退しているのではないかと懸念をしています。

というのも選手の考えとして「仕方が無い」と割り切る一方で、不満やストレスは相当なモノだと思います。
ましてや「結果を残さなければならない」プレッシャーは大きいでしょう。

私は「ただ勝つため」でなく、ロッソ熊本の成長も視野に苦言をあえて残しているのです。
サポーターの視点からしても、同じ事が言えるのではないでしょうか。
「やれるべき時に、やれる事をやる!」この信念は人間の生きる価値観にも値するものと実感しております。


ネコ君>
コメントありがとうございます。

頭痛いよね。
まず対戦相手のスカウティングや前期のデータあるいは昨年のデータって管理されてあるのでしょうか。
「今年こそは…」
という意気込みなら当然ではないか、そう思いますが。
データで結果がどうこうとまでは言いませんが、最低限の準備…この「準備」というものが、そもそも足りていない。
練習も試合も「消化」しているばかり。

YKKに手本のようにやられたパスワーク…ロッソにも、あれくらいはヤレるはずなんですが。

さて試合メンバーでの、ご指摘。
今回のは特にヒドいですよ。
交代も2枚でしたよね?
ロスタイムでの失点…選手采配によっては防げていたかもしれません。

ただ…

あのリザーバーでは無理でしょう。
河端・福王…天皇杯で試合勘と調整させましょうよ。
大瀧・鈴木祐がいるじゃないですか。

選手補強に関しては、シーズン始まる前から指摘していた通り…。
試合を見ての通りですよ。

ちなみに、スピードのある選手…小林陽のみの起用…しかも90分フルはない。
きっと、サッカーにスピードは必要ないのでしょう。
Posted by gg at 2007年09月11日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。