2007年10月12日

しばらくぶりでございます。

ロッソ熊本から、しばらく遠ざかっておりました管理人ggです。

別に現実逃避していた訳ではございませんよ!(笑)

リーグ中休みという事もあって、私もロッソに対して中休み…といった感じでした。
しかしながら、20日のホーム(ホンダ戦)の宣伝は県内各地で行っております。
まずは周知の徹底!これこそが基本ではないかと思いますし、ロッソ熊本をより多くの県民に知って戴くには「この一声」が肝心!
そう感じている次第では、あります。


さて前置きが長くなりましたが、10日(県民総合公園補助競技場)に行われたTM(トレーニング・マッチ)の観戦に行ってまいりました。(対戦相手:ジャパンサッカーカレッジ {北信越リーグ})
そのレポをふまえた上でブログの更新とまいります。
レポとはいえ、試合結果にはあまり触れません。
というのも、TMとは結果より内容が重視されると管理人考えるからであります。
いわば、この中休み期間(約1ヶ月)でどれだけの課題修正やメンタル面の調整、選手の起用具合等々見定める良い機会でもありました。

45分×3本(管理人、実は2本見た時点で仕事の都合上帰りました)
1本目はおそらく13日に先発もしくは18人内に選ばれるであろう選手達の起用。
システムは4−4−2(GKコバ)
今回ロッソが中盤もしくはDFでボールをキープした時点からの攻撃を述べようかと思いますが…
正直、何ら変化はありません。
足元、足元へのパス…周囲の動きがなく相手DFへの脅威を抱かせる攻撃なんて、ひとつもなかった。

ただ…リーグ中休み期間中、何やってたの?としか選手には言えない。
また、監督にも「これで佐川戦大丈夫なの?」と問いかけたい。
今の他チーム佐川急便SCとホンダなら、ホンダの方がロッソにとって対戦しにくい相手であろう…そう感じております。
であるならば佐川を死にもの狂いで倒し、その勢いをもって打倒ホンダ!これが強いチームと位置付け出来ないだろうか。

30分くらいからロッソは運動量も次第と低下…。
そして2本目は選手ほぼ総入れ替え。
この意図もよく理解できない。怪我は勘弁…的発想でしょうか?
はたまた、監督はあの45分で満足いく内容だったのか!?

言っちゃあ何ですが、あれくらいの練習試合なら紅白戦でもしてた方が価値はあります。

もう2本目には触れません。
中休み期間中、格下相手の試合が目立ちましたね?
ではなぜ格下との対戦も必要なんでしょうか?
私が考える中の一つに、リスクをおかしても攻める姿勢また勇気…ゴールに向かう勝負心を培うこと、もしくはその執念。
これが「ココ一番!」の勝負時に明暗が分かれる場合が多々あります。
時にはセーフティーも大事でしょう。
しかし、セフ一辺倒であるならば相手チームに対する脅威は無くなってしまいますし、遅攻の要因ともなります。


今回のTMはいろんな意味で見る価値はありましたが、観る価値はなかった。
正直、明日の首位佐川戦…不安がよぎります。

この不安を取り除いてくれる日はいつになったら来るのでしょうか。

posted by gg at 13:09| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポお疲れさまです。

なんか軽いTM、確かに確認にはなるかもしれませんが・・

言われる「ココ一番」力の重要性。
もう技術云々より力の差が歴然で無いのであれば、そこら辺でどんどん押し込まれますよね・・・

昨年のリーグ終盤の失速が物語っているようです。

Posted by 高菜 at 2007年10月12日 14:07
待ってましたぁ〜♪

管理人さんが帰られた後の3本目は
相手の背番号も増えまして
それなりに面白かったです。
宮崎の直接FKもありましたし…

どうしてなんでしょうね。
もっと「力」があるはずなのに
どうして隠しちゃうんでしょ?

あ〜、そうか。
本番で驚かそうとしているんですね…
Posted by shimo at 2007年10月12日 19:22
TMレポお疲れ様です。

私もggさんのように

まずは、ロッソの周知の徹底!

これが何よりかと思って、日々努力している
次第であります。

しかし、周知したところで
面白くない魅力のない試合をされますと
逆に、せっかくロッソに対して持ってもらった
関心も薄れてしまいます。

監督さんもいい加減、観客動員の
営業妨害をするのはやめていただきたいものです...
Posted by ネコ at 2007年10月12日 20:30
みなさんへ>
返事が遅くなってしまいました。
すみません。


高菜さん>
コメントありがとうございます。
私が言う「ココ一番」とは、結果いわゆる「得点」とも捉えられます。

そして、佐川戦を終えメディアでは佐川のVTRを見て相手を分析している光景が流れました。

自分のチームの形でさえ見えてないのに、相手の分析なんて…まさに形式だけで本質の中身は空っぽ、そんな光景に私の目には映りました。

こんな事態を何年繰り返すのでしょうか。


shimoさん>
コメントありがとうございます。
「待ってました〜♪」の一声…ひっぱたかれた御尻が痛い(笑)。

3本目までは…さすがに仕事に^^;
そうでしたか。。。
宮崎うまいですもんねぇ〜セットプレー!
ロッソの選手の中では1番うまいかと思いますよ。

「力」を隠す。
私は「力」を押さえ込む。
こんな表現をしたいですね。

選手一人一人の個性を殺してしまっています。
ですから毎年、選手を数名入れ替えたところで、何ら変化のない「失速」チームとなってしまうのではないでしょうか?

練習で行っていない事を試合で出す…これは無理なんですよ。
いくらプロとて、個人戦での競技ならともかく11人というチームプレイが出来なければ、納得出来る試合は望めませんね。

残り7試合。
選手のモチベーションに不安が残ります。


ネコさん>
コメントありがとです。

っ!?
監督が集客を邪魔してる…ですって?
そりゃ問題じゃないですか!?

しかしながら、TMの時も「前に蹴れ!」と怒りまくってました。
ん〜レベルが低いというか…あれでは連動性は元よりサッカーが出来ない状況なのでは?と耳を疑ってままなりません。

ま、その声に応えていた「22番」は素晴らしいクリアらしきキックを披露してくれてましたがあ…見ているコチラとしては疲労が溜まるばかりでしたよ。
あ、2本目に出てこられたのですが、その後に帰ったという事ですよ。
Posted by gg at 2007年10月16日 13:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。