2008年04月27日

広島戦を終えて…

さて、昨日の広島戦を振り返ってみましょうか。

私が一番注目していたポジション「ボランチ」には山口・山本の2人がスターティングオーダー。
攻守の要でもあるこのポジション。
競争が激しいこのボランチで現在一番マッチしている2人だったのではないでしょうか。
現に前半、運動量の山本とその舵取り役の山口とのバランスは相手J2トップクラスのチームとも五分以上の出来だったかと思います。
2人のコミュニケーションも試合中、確認出来ましたし安定してますね。

この2人を起用し始めたのは前節からでしたよね。
なぜ、ココにきてこの2人?と疑問なんですが、固定型から調子の良い選手を起用してきている表れなのでしょうか?

オフサイドの判定は仕方ないにしても、前半もっと得点チャンスはあったはず。
結果、惜敗…このようになってしまった。
つまりは勝ててた試合を落とした。このように思いますね。
小森田選手も足元のボールは捌けますが「運動量の無さ」中盤、特にトップ下では手痛い。
そろそろ斉藤選手の出番が待ち遠しい。

昨日の後半は、トラブルにも見舞われました。
左サイドの車選手の交代…リザーバーを見ても分かる通り予想外の展開だったのではないか?と想定しております。
車選手…おそらく「肉離れ」では無いでしょうか?以前も痛めましたしね。心配では、あります。
代わってin河野…この選手は広島のDFが3バックを考慮しての裏への飛び出し、つまりは後半に小森田との交代を考えていたんじゃないかと推測していますが、トラブルによる采配のケアは全く頭に無かったんじゃないかと思います。
これは結果論!と言われるかも知れませんが、前兆は十分あったワケですし、試合における監督のビジョンの狭さも見えました。

中盤の話はこのくらいにして点を取れなかったFW。
高橋・中山の2トップ。
開幕から調子の上がらなかった中山がだんだんと上がってきています。この2人のタイプから言って相手DFの裏に抜け出すといった選択肢はほぼ無いワケですから、いかに両サイド深い位置からのセンターリングまたは中央でのダイレクトプレーによるコンビネーション。ゴールに近い位置での仕事は面白味があります。
動きとしては今、悪くはないんです。
前半ボールは中盤でおさまるワケですから、後は攻撃の組み立て!これに練習を重ねるべきだと考えます。

最後に2失点のDFとGK。
一概に得点したらFW万歳、失点したらDFもしくはGKの責任なんて思いもしませんが後半の失点がやたらと目立ちます。
やはり全体的な運動量の低下が原因でしょう。
1失点目はミスからのPKとなってしまったんですが、ファウルでしか止めれない…このもどかしさ、仕方ないでは済まないのでは無いでしょうか。
後半、足が止まってしまう事が前提であれば、上村out→福王inという選択肢もあったのではないか?

敗戦に反省は付き物、「良い戦いだった!」と褒めるのは結構、次に繋がるのは反省?激励?難しいバランスかな???

今ある問題点を悠長に捉えるのか、それともその都度キッチリ指摘し実りある1年にするのかは、考え方1つと思いますね。

では、また明後日…。
posted by gg at 13:38| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
gg氏》
2試合連チャンで勝てたで有ろう試合を落とし、勝ち点6は羽を生やして何処へやら…。
(;´・`)≡3

泰へのマークもキツかっだけん中盤の積極的な上がりや攻撃、逆に泰を囮に使う攻撃パターンでん見てみたかもんですのぉ。
(-。-)y-゚゚゚
Posted by ツッタカ坊や at 2008年04月27日 19:06
ツッタカ坊やさん>
コメントありがとうございます。

勝てたであろう試合に勝てない…観ている方も、もどかしい気分ですよね。
ピッチで戦っている選手も当然そうだと思います。

ツッタカさんの仰る「泰へのマーク」確かにキツくなってますね。
エースの宿命とでも言いましょうか。
しかし、FWとは常にその宿命の元にあるのですよ。
自覚も当然あるでしょうしね。
今以上の結果が求められる…泰にも言えるのではないでしょうか。
また中山も運動量あがってきていますし、ゴールへの意欲もだんだんと感じられるようになっています。
あとはトップ下の小森田選手にサポートとして活躍していただければ良いと思いますね。

ただ運動量が少な過ぎます。

課題は明確になりつつありますよ。
Posted by gg at 2008年05月01日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。